海外FXに危険性はありますか?海外FXトレードで考えられる危険性には何がありますか?

Q.海外FXに危険性はありますか?海外FXトレードで考えられる危険性には何がありますか?

Answer

海外FX業者に限った話ではありませんが、一部の業者では、ある程度の危険性はあると考えておいて方が良いです。

トレードで損失を出すこともリスクですが、それは海外FX業者に限った話ではないため、海外FX業者に絞ってリスクを考えると

海外FXで考えられる危険性には

  1. 海外FX業者が倒産してしまうリスク
  2. 海外FX業者が詐欺業者で出金ができなくなるリスク
  3. 日本人の詐欺グループに海外FXを持ちかけられるリスク

が考えられます。

海外FX業者が倒産してしまうリスク

海外FX業者が倒産してしまうと、信託保全を採用していない海外FX業者が多いため

  • 口座にログインできない
  • マイページにログインできない
  • 出金ができない
  • 日本語サポートと連絡が取れない
  • ウェブサイトがクローズしてしまう

と言った、様々な不具合が発生してしまいます。

こうなると、どうすることもできず、投資した資金はあきらめるしかなくなってしまいます。

国を超えた訴訟などをすることもできなくはありませんが、訴訟をする費用も莫大になり、かつ海外FX業者の運営者を発見できない可能性も高いため、なかなか現実的ではないのです。

国内FX業者にも「倒産リスク」はありますが、国内FX業者の場合は、大手の証券会社・FX会社が多いため、倒産するリスクは少なく、また、倒産したとしても、国内FX業者の場合は「信託保全」が義務付けられているので、投資資金は投資家に返金されるため、ほぼ倒産リスクはないものと言えるのです。

海外FX業者で倒産リスクを回避するためには、信託保全を導入している海外FX業者を利用する必要があります。

海外FX業者が詐欺業者で出金ができなくなるリスク

海外FX業者 = 詐欺業者

という可能性も、考えられます。

最近では「出金拒否」「出金できない」という情報は、瞬く間にtwitterや掲示板で拡散されてしまうため、出金できなくなるケースは激減しているのですが

出金しようとすると、なんらかの理由を付けて、出金させてくれない

ということが起こりえます。

これは

  • はじめから「騙す」ことが目的で、出金させない方針の海外FX業者
  • 経営が火の車で出金させたくても、お金がない海外FX業者

の2つのパターンがあるのですが、どちらにせよ、投資家にとっては、投資資金が返ってこないので同じです。

海外FX業者で出金できないリスクを回避するためには

  • 日本人向けのサービス提供歴の長い海外FX業者を選ぶ
  • 金融ライセンスを取得している海外FX業者を選ぶ
  • 常にtwitterや掲示板で利用中の海外FX業者の情報をチェックする

ということが重要になります。

日本人の詐欺グループに海外FXを持ちかけられるリスク

日本人の詐欺グループが

「簡単に稼げる方法があるよ」

と、twitterやインスタグラム、Youtube、LINEで勧誘を行い

  • 高い自動売買ツールを売りつける
  • 海外FX業者が規約違反のトレードを持ちかける
  • ねずみ講のような投資グループの参加を持ちかけられる

などの行為が過去にありました。

最近では、仮想通貨やバイナリーオプション等の方がこのような悪質な投資グループの勧誘に会いやすいのですが、海外FXも例外ではありません。

とくに海外FXでは、業者が禁止しているトレードツールなどは、確かに稼ぎやすいので結果がでるのですが、海外FX業者に発覚すれば、規約違反となり、出金停止・口座凍結になってしまいます。

これは、海外FX業者の問題ではなく、海外FX業者を利用する詐欺グループの問題です。

日本人の詐欺グループに海外FXを持ちかけられるリスクを回避するためには

  • 「簡単に儲けられる」というような話には乗らない
  • 自分の判断で、海外FX口座を開設し、トレード分析をし、トレードをする
  • 海外FX業者の規約違反にあたる行為をしない

などが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です