AXIORYテラ口座リリース。「テラ口座」はMT5が使えて、株式CFDの取引商品数も多い新口座

日本人投資家向けに海外FXサービスを提供するAXIORYは、2021年5月14日から新しい口座タイプ「テラ口座」をリリースしました。AXIORYが新しい口座タイプを用意するのは5年ぶりのことです。

AXIORYテラ口座の特徴

MT5(メタトレーダー5)が使える

狭いスプレッド、高い約定力を誇り、完全信託保全を採用するAXIORYは、日本人の投資家、とくに投資経験の豊富な投資家から重宝されていたものの、唯一の欠点として、長い間、MT4(メタトレーダー4)とcTraderのみの提供となっていました。

  • 時間足が多い
  • 操作性が高い
  • 板情報が見れる
  • 対応するEAが多い
  • デフォルトで搭載されたインジケーターが多い

MT5(メタトレーダー5)がテラ口座では利用できるようになっています。

株式CFDの商品数が多い

詳細は、まだ開示されていませんが、株式CFDの商品数が従来の口座よりも多く用意されているようです。

外国株のトレードなどで有効な口座となります。

利用条件はナノ・スプレッド口座と同等

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • 取引手数料

などは、狭いスプレッドと高い約定力で定評のある「ナノ・スプレッド」口座と同じ設定となっています。

テラ口座でも、トレードコストを抑えた投資が可能になっています。

ニュース考察

AXIORYも、やっと重い腰を上げてMT5(メタトレーダー5)を採用したという形になります。

元々、MT5(メタトレーダー5)は、MT4とのEAやインジケーターの互換性がない、動作が遅いなど欠点が多く、なかなか普及してこなかったのですが、長い年月をかけたアップデートで改善され、徐々にMT5(メタトレーダー5)を利用する投資家が増えてきています。

AXIORYとしては、MT5がないことで、離脱してしまう投資家を防ぐことを意図したものと思われます。

また、世界的に株高が続き、ハイレバレッジで外国株のトレードができる海外CFDのニーズも高まっているため、より多くの株式CFD商品が利用できる口座としても、テラ口座を位置付けているのです。

投資家としては、狭いスプレッドで信頼性の高いAXIORYが、トレードの選択肢を広げてくれたのは歓迎できる改善と言えます。

AXIORY(アキシオリー)評判レビュー。15のメリットと6のデメリットでAXIORY口座を評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です