BigBossレバレッジルール変更。選択式から口座残高に応じた変動式へ

日本人投資家向けにサービス提供するBigBossは、2021年2月18日からレバレッジルールを変更しました。

BigBossレバレッジルール変更の目的

リリース上は

  • 取引の安定性確保
  • プラットフォームの健全性維持
  • 投資家皆様の資金保全の強化

を目的としたレバレッジルールの改定となっています。

2021年2月18日から選択式から、残高変動制に切り替わり、既存口座ももれなく変更となります。

BigBossレバレッジルール変更の内容

2021年2月18日以前のレバレッジルール

口座開設時に最大レバレッジを選択する方式

  • 25倍
  • 50倍
  • 100倍
  • 200倍
  • 400倍
  • 500倍
  • 555倍

2021年2月18日以降のレバレッジルール

口座残高に応じて自動的に最大レバレッジが決まる方式

米ドル口座
  • 5万ドル未満:555倍
  • 5万ドル以上:200倍
  • 10万ドル以上:100倍
日本円口座
  • 500万円未満:555倍
  • 500万円以上:200倍
  • 1000万円以上:100倍

レバレッジ変動のタイミング

毎日「EOD(End of day)」のタイミングで、その時点の口座残高に応じて更新(1日1回)

EOD(End of day)

夏時間 6:05(日本時間)
冬時間 7:05(日本時間)

レバレッジ対象口座

スタンダード口座
プロスプレッド口座
FOCREX口座(下層通貨口座)

※複数の取引口座を保有している場合は、口座単位の残高でレバレッジが設定されます。
※ボーナスは、レバレッジを決めるための口座残高に含まれません。

レバレッジの対象外商品

  • 一部のマイナー通貨ペア(USD/RUB、USD/TRY、USD/ZAR) 最大レバレッジ:50倍固定
  • CFD商品(貴金属、株価指数、エネルギー) 最大レバレッジ:50倍固定
  • 仮想通貨 最大レバレッジ:5倍固定

BigBossレバレッジルール変更の注意事項

  • 既存口座もレバレッジルール変更の対象
  • 既存口座で最大レバレッジが555倍未満に設定されているものも、最大555倍に自動的に変わる
  • 2021年2月18日以降は、口座開設時の最大レバレッジの選択肢は「555倍」のみになる

ニュース考察

なぜ、BigBossがレバレッジルールを変更したのかというと、海外FX業者は、追証ゼロ(残高のマイナス分は海外FX業者が補填)という仕組みを取っているため、高額な残高を持つ投資家が555倍でトレードして、強制ロスカット(ストップアウト)が間に合わなくなると、BigBossが負担する損失が増えてしまうのです。

この損失リスクを最大限に減らすためには、口座残高の大きい大口投資家ほど、レバレッジを引き下げるルールの方が都合が良いのです。

口座残高に応じたレバレッジ変更という仕組みは、XMTradingIS6FXなどが導入している仕組みです。

ボーナスが手厚い海外FX業者ほど、ハイレバレッジでのギャンブルトレードをする投資家も多く、ギャンブルトレードは、ロスカットによる損失が発生しやすいのです。だからこそ、ボーナスの手厚い業者は、口座残高に応じてレバレッジを下げるレバレッジルールを導入しています。

BigBossも、以前は、積極的にボーナス展開をしていなかったのですが、近年は比較的積極的にボーナスを展開しているため、このようなレバレッジルールの変更を行ったと推察されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA