TitanFX仮想通貨CFDの取扱開始。レバレッジ20倍でトレード可能

日本人投資家向けに海外FXサービスを提供するTitanFXは、2021年6月17日から仮想通貨CFDの取扱を開始しました。

TitanFX仮想通貨CFDの内容

仮想通貨CFD通貨ペア

  • BTCUSD → ビットコイン/米ドル
  • BTCJPY → ビットコイン/日本円
  • ETHUSD → イーサリアム/米ドル
  • ETHJPY → イーサリアム/日本円
  • XRPUSD → リップル/米ドル
  • XRPJPY → リップル/日本円
  • DOTUSD → ポルカドット/米ドル
  • DOTJPY → ポルカドット/日本円
  • BCHUSD → ビットコインキャッシュ/米ドル
  • BCHJPY → ビットコインキャッシュ/日本円
  • LTCUSD → ライトコイン/米ドル
  • LTCJPY → ライトコイン/日本円
  • XLMUSD → ステラ/米ドル
  • XLMJPY → ステラ/日本円
  • LNKUSD → チェーンリンク/米ドル
  • LNKJPY → チェーンリンク/日本円
  • EOSUSD → イオス/米ドル
  • EOSJPY → イオス/日本円

仮想通貨CFDの取引スペック

  • レバレッジ20倍
  • 安いトレードコスト・狭いスプレッド
  • MT4とMT5で取引可能
  • EAによる自動売買が可能
  • 口座タイプに関わらず取引手数料なし
  • スワップはロールオーバー時に市場価格ベースでパーセンテージで発生
  • ゼロカット対応
  • 取引時間は月曜日から金曜日の週5日00:01~23:59(GMTサーバー時間)
  • 各ペア毎に、1口座で最大20ロットまで

ニュース考察

TitanFXは、ここ数年他の海外FX業者が仮想通貨CFDを導入している間も、仮想通貨CFDの導入を見送ってきましたが、コロナによる価格高騰を受け、導入に踏み切った形となります。CFD取引ですので、現物資産がない差金決済となります。

比較的メジャーな仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコイン、イオス)から、マイナーな仮想通貨(ポルカドット、ステラ、チェーンリンク)まで、選択肢は多く、通貨ペアは、米ドルと日本円で対応可能です。

日本の仮想通貨FXの最大レバレッジが2倍に抑えられている中、20倍のレバレッジでトレードできる点は大きな魅力です。また、FXトレードと同じようにTitanFXは、スプレッドが狭いため、仮想通貨CFD取引でも、狭いスプレッドでコストを抑えてトレードすることが可能です。

仮想通貨CFD(仮想通貨FX)に興味がある海外FXの投資家も、仮想通貨取引をメインにしていた投資家にも、有効な選択肢となるサービスと言えます。

TitanFX(タイタンエフエックス)評判レビュー。9のメリットと6のデメリットでTitanFX口座を評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です