TitanFX(タイタンエフエックス)評判レビュー。9のメリットと6のデメリットでTitanFX口座を評価

目次

TitanFX(タイタンエフエックス)の基本情報

TitanFX(タイタンエフエックス)は、Titan FX Ltdが運営するバヌアツ金融サービス委員会に認可され営業している海外FX業者です。運営は、オーストラリアで行っています。

TitanFXは、多くの日本人投資家に利用されている海外FX業者です。ボーナスなどはないものの、スプレッドの狭さと約定スピードの速さに定評があり、中級者以上のトレードコスト・トレードのしやすさを重視する投資家に選ばれている海外FX業者となっています。

シンプルにスプレッドが狭く、約定力も高いため、トレードコストの安いトレードができる海外FX業者です。

メリット
  • 事業歴が長く、金融ライセンスを保有する信頼できる海外FX業者
  • スプレッドが狭い
  • 約定スピードが速い
  • トレードコストの安いECN口座も、最低入金額2万円で利用可能
  • MT5(メタトレーダー5)が利用可能
  • コピートレード「ZuluTrade(ズールトレード)」が利用可能
  • 国内銀行送金が可能
  • 週間配信の市場分析レポートがある
  • CFD商品も、ハイレバレッジ、低スプレッドでトレード可能
デメリット
  • レバレッジは500倍と低めの設定
  • ボーナスはほとんどない
  • 口座の種類が少ない
  • CFDの取引商品が少ない
  • 取引ツールなどのバリエーションは少ない
  • 情報コンテンツの更新が不定期
海外FX業者レビュー評価
スプレッド・手数料
(5.0)
約定力・約定スピード
(4.5)
日本語サポート
(4.0)
海外FX業者の安全性
(4.0)
トレードツール
(4.0)
情報コンテンツ
(3.0)
入金・出金
(3.5)
ボーナス
(2.0)
総合評価
(4.0)

TitanFX口座比較

  • レバレッジ:500倍
  • 最低入金額:2万円相当
  • 口座通貨:USD,JPY,AUD,NZD,SGD
口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.000.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.331.03
最大レバレッジ500倍500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピードミリ秒単位の約定スピード
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
信託保全
分別管理
分別管理
(National
Australia Bank)
分別管理
(National
Australia Bank)

TitanFXスプレッド比較

自社公表スプレッド

  • Zeroスタンダード口座 米ドル/円平均スプレッド:1.33pips
  • Zeroブレード口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.03pips
口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
スプレッド種類変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
最小スプレッド
ユーロ/円
1.000.00
最小スプレッド
英ポンド/円
1.000.00
最小スプレッド
豪ドル/円
1.000.00
最小スプレッド
カナダドル/円
1.200.00
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
0.500.00
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
1.100.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
平均スプレッド
ユーロ/円
1.740.74
平均スプレッド
英ポンド/円
2.451.45
平均スプレッド
豪ドル/円
2.121.12
平均スプレッド
カナダドル/円
2.101.10
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.200.20
平均スプレッド
豪ドル/米ドル
1.520.52
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.000.70
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.331.03

当サイト測定スプレッド

  • Zeroスタンダード口座 米ドル/円平均スプレッド:1.39pips
  • Zeroブレード口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.10pips
海外FX口座取引手数料スプレッド/約定スピード米ドル/円ユーロ/円米ドル/ユーロポンド/円豪ドル/円カナダドル/円豪ドル/米ドル
TitanFX無料スプレッド/最小値0.580.950.501.621.091.520.80
TitanFX_ECN3.5ドルスプレッド/最小値0.140.320.110.840.450.830.26
スプレッド/最小値の平均-スプレッド/最小値1.622.071.373.162.362.661.68
TitanFX無料スプレッド/平均値1.391.801.342.831.932.411.58
TitanFX_ECN3.5ドルスプレッド/平均値0.400.740.341.780.911.370.56
スプレッド/平均値の平均-スプレッド/平均値2.122.841.834.513.143.522.25

TitanFX約定スピード比較

自社公表約定スピード

  • 約定スピード:ミリ秒単位の約定スピード
口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
最大レバレッジ500倍500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピードミリ秒単位の約定スピード
約定スピード/秒0.450秒0.450秒
約定スピード(最高)/秒0.266秒0.266秒
約定スピード(最低)/秒0.500秒0.500秒
執行率/%

当サイト測定約定スピード

  • 米ドル/円平均約定スピード:0.420
海外FX口座取引手数料スプレッド/約定スピード米ドル/円ユーロ/円米ドル/ユーロポンド/円豪ドル/円カナダドル/円豪ドル/米ドル
TitanFX無料約定スピード/最小値0.2290.2300.2290.2280.2300.2290.229
約定スピード/最小値の平均-約定スピード/最小値0.2350.2350.2360.2350.2360.2350.234
TitanFX無料約定スピード/平均値0.4200.4200.4130.4080.4130.4210.400
約定スピード/平均値の平均-約定スピード/平均値0.6470.6380.6430.6390.6490.6540.630

TitanFXのメリット

メリット1.事業歴が長く、金融ライセンスを保有する信頼できる海外FX業者

TitanFXは、2014年に設立された海外FX業者です。7年以上のサービス運営歴を誇ります。

当初は、ニュージーランドの金融ライセンスで運営していました。

現在は、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを保有して、運営されています。

日本人スタッフも、複数名在籍し、十分に信頼できる海外FX業者と言えます。

メリット2.スプレッドが狭い

TitanFXは、当サイトで長期間定期観測した海外FX業者12社のスプレッドデータで、トップクラスのスプレッドの狭さを記録しています。

米ドル/円の平均スプレッドで比較すると
  • 海外FX業者の平均値:2.12pips
  • 日本人に一番人気があるXMTradingのスプレッド:2.09pips

という中で、TitanFXは

  • Zeroスタンダード口座 米ドル/円平均スプレッド:1.39pips
  • Zeroブレード口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.10pips

と、AXIORYと1位、2位を争う狭いスプレッドを記録しています。

とくにZeroブレード口座であれば、平均で1.10pipsでトレードできるため、海外FX業者の中では、一番安い水準のトレードコストとなっています。

トレードコストを抑えられる海外FX業者としておすすめです。

メリット3.約定スピードが速い

TitanFXは、当サイトで長期間定期観測した海外FX業者12社の約定スピードデータで、トップクラスの約定スピードの速さを記録しています。

米ドル/円の平均値(ミリ秒)で比較すると
  • 海外FX業者の平均値:0.647秒
  • 日本人に一番人気があるXMTradingのスプレッド:0.541pips

という中で、TitanFXは

約定スピード:0.420秒

と、AXIORYと1位、2位を争う約定スピードを記録しています。

これは

  • アジア、北米、シンガポールの複数のデータセンター
  • ニューヨークのEquinix NY4のファイナンシャル・ハブに収容された複数のサーバー

を利用して、低レイテンシのインフラストラクチャーを構築しているからです。

高い約定力を期待できる海外FX業者です。

メリット4.トレードコストの安いECN口座も、最低入金額2万円で利用可能

前述した通りで

スプレッドで見ると

  • Zeroスタンダード口座 米ドル/円平均スプレッド:1.39pips
  • Zeroブレード口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料3.5ドル込):1.10pips

と、手数料の片道3.5ドルを含めても、平均で0.29pipsもトレードコストの安いECN口座「Zeroブレード口座」を、最低入金額2万円という低いハードルで利用することができます。

FX初心者や少額投資家でも利用できるハードルの低さで、業界1位、2位のトレードコストの安さを実現しています。

メリット5.MT5(メタトレーダー5)が利用可能

TitanFXでは

  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)

を両方利用することができます。

  • 軽快な動きや、対応EAやインジケーターの多さを重視する方は「MT4(メタトレーダー4)」
  • 高機能な操作性、時間軸の多さ、板情報表示などを重視する方は「MT5(メタトレーダー5)」

投資家の目的や考え方に応じて、使い分けることが可能になっています。

メリット6.コピートレード「ZuluTrade(ズールトレード)」が利用可能

TitanFXは、コピートレードプラットフォーム「ZuluTrade(ズールトレード)」と提携しています。

ZuluTradeとは
海外FX業者ではない、独立したコピートレードプラットフォームのことを言います。世界中の投資家がストラテジープロバイダーとして登録しており、運用成績の良い投資家をコピーするだけで、その投資家と同じトレードが自動的に実行できる仕組みとなっています。

TitanFXでは、マイページから「Zulu専用追加口座」を解説することで、ZuluTradeが利用できる形になります。

海外FX業者が独自でコピートレードプラットフォームを運営している場合、参加者の数が確保できず、優秀なストラテジープロバイダーが少ないケースも多いのですが、ZuluTradeは、海外FX業者ではないコピートレードプラットフォームのみを提供するプラットフォーマーですので、提携している海外FX業者も多く、多くのストラテジープロバイダーや投資家が参加しています。

優秀なストラテジープロバイダーを見つけいやすいメリットがあるコピートレードプラットフォームが使えるのです。

メリット7.国内銀行送金が可能

国内銀行送金とは
TitanFXが保有する送金業者の日本の銀行口座から、投資家の日本の銀行口座へ出金する方法のこと

を言います。

国内銀行送金であれば、海外送金のように1回3,000円~5,000円前後の手数料は発生せず、TitanFXの場合は、1万円以上であれば、手数料無料で出金できるメリットがあります。

着金までの期間も、2営業日~3営業日と短く、入出金の利便性に優れた海外FX業者となっています。

メリット8.週間配信の市場分析レポートがある

日本人が書いた市場分析のレポートが週一回ペースで配信されています。

デイリーの分析ではないものの、質の高いレポートが週一回配信されています。

メリット9.CFD商品も、ハイレバレッジ、低スプレッドでトレード可能

TitanFXは、CFD商品の数こそ少ないものの

  • ハイレバレッジでトレードできる
  • 狭いスプレッドでトレードできる

メリットがあります。

レバレッジ
  • 貴金属:最大500倍
  • 株価指数:最大500倍
  • エネルギー:最大500倍
平均スプレッド

Zeroスタンダード口座

XBRUSD ブレント原油 米ドル:0.71pips
XTIUSD WTI原油 米ドル:0.69pips
XAUUSD 金米ドル:2.23pips

Zeroブレード口座

XBRUSD ブレント原油 米ドル:0.59pips
XTIUSD WTI原油 米ドル:0.57pips
XAUUSD 金米ドル:2.11pips

多くの海外FX業者では、CFD取引に関しては、レバレッジを100倍、50倍程度に抑えることが一般的ですが、TitanFXでは、500倍のレバレッジでトレードすることが可能です。

TitanFXのデメリット

デメリット1.レバレッジは500倍と低めの設定

TitanFXのレバレッジは、最大500倍です。

国内FX業者の最大25倍と比較すれば十分に高いレバレッジですが、海外FX業者の中では、低めのレバレッジ設定となっています。

高いレバレッジの海外FX業者と比較すると、若干、レバレッジの低いデメリットがあります。

デメリット2.ボーナスはほとんどない

TitanFXは

ボーナスを一切行っていません。

トレードコンテストもありません。

当然、ボーナス狙いの投資家にとってはデメリットなのですが、ボーナスが手厚いXMTradingGEMFOREXと比較すると、スプレッドが狭い分、ボーナスで還元する原資がないことの裏返しでもあります。

ボーナスの手厚い海外FX業者よりも、スプレッドが狭いということです。

デメリット3.口座の種類が少ない

TitanFXは

  • Zeroスタンダード口座
  • Zeroブレード口座

の2つの口座タイプしかありません。

初心者向けというよりは、中級者以上の投資家向けの海外FX業者と言えます。

デメリット4.CFDの取引商品が少ない

TitanFXは、CFD商品の種類が

  • 株価指数
  • 貴金属
  • エネルギー

の3カテゴリしかありません。

CFDのカテゴリごとの商品数も少ない特徴があります。

CFD商品の多いHotForexなどであれば

  • 外国株
  • 株価指数
  • 貴金属
  • エネルギー
  • 債権
  • 商品
  • 仮想通貨

などがあるので、CFD商品が豊富な海外FX業者と比較するとかなり数は少なくなります。

ただし、数少ない商品でも、スプレッドが狭く、レバレッジが大きいメリットもあります。

デメリット5.取引ツールなどのバリエーションは少ない

取引ツールという意味では

  • VPSサービス → 日本のサーバー会社の案内
  • コピートレードプラットフォーム → 外部のコピートレードプラットフォーム会社との提携

と、外部サービスで済ませていて

AXIORYのような

  • MT4/MT5の強化ツール
  • 予想ツール(オートチャーティスト)
  • 練習ツール(シミュレーションツール)

などは、一切ありません。

取引ツールの強化面ではおすすめできない海外FX業者です。

デメリット6.情報コンテンツの更新が不定期

情報コンテンツは

  • 市場分析
  • 月間為替レポート

などがありますが、

どちらも、最近までは更新がストップしていました。

最近、市場分析は再開したようですが、情報の質、更新頻度ともに物足りないものとなっています。

TitanFX口座開設の手順

手順1.TitanFXのウェブサイトへ行く

TitanFXのウェブサイトはこちら

手順2.「リアル口座を開設」ボタンをクリックする

トップページにある「リアル口座を開設」ボタンをクリックします。

手順3.メールアドレスとパスワードを登録する

口座開設に必要な事項を入力します。

手順4.取引口座を選ぶ

プラットフォーム、口座タイプ、レバレッジ、ベース通貨を選択します。

手順5.必要事項を入力する

氏名、住所など必要事項を入力します。

手順6.口座開設完了、メールアドレス認証

送られてきたメールアドレス認証リンクをクリックして、登録したメールアドレスを有効化します。

手順7.クライアントキャビネットにログインする

登録したメールアドレスとパスワードで、クライアントキャビネット(マイページ)にログインします。

手順8.本人特定事項およびご職業等のお客様の追加情報を入力する

本人特定事項およびご職業等のお客様の追加情報を入力します。

手順9.身分証明書、住所確認証明書の情報入力と提出

身分証明書、住所確認証明書の情報入力と提出が必要になります。

身分証明書

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

住所確認証明書

  • 住民票
  • 銀行残高証明書
  • カード利用明細書
  • 公共料金請求書

手順10.口座開設完了

提出書類の不備がなければ、口座開設が完了します。

資金を入金して、トレードを開始できます。

TitanFXのよくある質問

TitanFXの評判は良いですか?悪いですか?
TitanFXの評判は平均的です。約定力の高さやスプレッドの狭さに定評がありますが、ボーナスや情報の質で評判が悪く、総合評価が平均的になっています。当サイトで行ったアンケート調査では

10段階評価TitanFX平均
約定力の高さ8.8点8.3点
スプレッドの狭さ8.5点6.7点
ボーナス5.2点7.6点
情報の質と数6.2点6.6点
サポートの質7.6点7.6点
総合評価7.3点7.4点

「約定力の高さ」「スプレッドの狭さ」で海外FX業者の平均値より高く、総合評価でも平均的な結果となっています。

TitanFXのスプレッドは狭いですか?広いですか?
海外FX業者の中では、スプレッドは1位、2位を争う狭さになっています。とくにECN口座のZeroブレード口座は、手数料を含めても、トレードコストの安い口座となっています。
TitanFXのおすすめの入金方法・出金方法を教えてください。
国内送金での入金・出金がおすすめです。1万円以下の送金であれば、手数料無料で利用できる出金方法で、最短2営業日で着金します。
TitanFXのおすすめの口座を教えてください。
Zeroブレード口座です。

Zeroブレード口座は、狭いスプレッドを実現している口座タイプです。取引手数料が発生しますが、手数料分を含めても、Zeroスタンダード口座よりトレードコストが安いのです。手数料以外の条件は、Zeroスタンダード口座と同じため、Zeroブレード口座をおすすめします。

TitanFXにボーナスはありますか?おすすめのボーナスは?
一切ボーナスを提供していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA