TRADEVIEW(トレードビュー)評判レビュー。7のメリットと4のデメリットでTRADEVIEW口座を評価

TRADEVIEW(トレードビュー)の基本情報

TRADEVIEW(トレードビュー)は、TradeviewLTD社が運営するケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンスで営業している海外FX業者です。

TRADEVIEWは、17年以上の事業歴があり、また、グループ全体で世界有数の金融規制当局32社によって承認されているなど、信頼性の高い海外FX業者です。

特徴は、狭いスプレッドと高い約定力を持ち、MT4・MT5・cTrader・Currenexが利用できるため、高度なトレードが実現できるため、中級者から上級者の投資家におすすめです

メリット
  • 17年以上の事業歴がある海外FX業者
  • ケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンス取得
  • ILC口座なら手数料2.5ドルで0pips~の安いトレードコストを実現
  • 50以上のリクイディティプロバイダーと提携し、高速約定を実現
  • MT4・MT5・cTrader・Currenexが利用できる
  • bitwalletをはじめ、様々な入金・出金が可能
  • 仮想通貨トレードが可能
デメリット
  • 最大レバレッジがILC口座で100倍と低めの設定
  • 日本語対応が手薄
  • 管理画面などが使いにくい
  • 最低入金額が若干高めの設定
  • ボーナスがない
スプレッド・手数料
(4.5)
約定力・約定スピード
(3.0)
日本語サポート
(3.0)
海外FX業者の安全性
(4.0)
トレードツール
(2.5)
情報コンテンツ
(3.0)
入金・出金
(4.0)
ボーナス
(2.0)
総合評価
(3.0)

TRADEVIEW口座比較

  • レバレッジ:400倍
  • 最低入金額:1万円相当
  • 口座通貨:JPY,USD,EUR,AUD,CAD
口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(片道)
無料2.5ドル2.5ドル3.0ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.250.250.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.000.000.30
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.600.600.60
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.800.500.500.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
2.001.101.101.20
最大レバレッジ400倍100倍400倍400倍
約定力
最低取引通貨1,000通貨10,000通貨10,000通貨10,000通貨
最低入金額1万円相当10万円相当1万円相当1万円相当
信託保全
分別管理
信託保全信託保全信託保全信託保全

TRADEVIEWスプレッド比較

自社公表スプレッド

  • xLeverage口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):2.00pips
  • ILC口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.10pips
  • cTrader口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.10pips
  • Currenex口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料込):1.20pips
口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
取引手数料
(片道)
無料2.5ドル2.5ドル3.0ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.250.250.30
スプレッド種類変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.800.000.000.30
最小スプレッド
ユーロ/円
最小スプレッド
英ポンド/円
最小スプレッド
豪ドル/円
最小スプレッド
カナダドル/円
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
1.700.000.000.00
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
平均スプレッド
米ドル/円
2.000.600.600.60
平均スプレッド
ユーロ/円
0.800.800.80
平均スプレッド
英ポンド/円
平均スプレッド
豪ドル/円
平均スプレッド
カナダドル/円
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.900.300.300.30
平均スプレッド
豪ドル/米ドル
0.700.700.70
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.800.500.500.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
2.001.101.101.20

当サイト測定スプレッド

  • クラシック口座 米ドル/円平均スプレッド:pips
海外FX口座取引手数料スプレッド/約定スピード米ドル/円ユーロ/円米ドル/ユーロポンド/円豪ドル/円カナダドル/円豪ドル/米ドル
スプレッド/最小値の平均-スプレッド/最小値1.622.071.373.162.362.661.68
スプレッド/平均値の平均-スプレッド/平均値2.122.841.834.513.143.522.25

TRADEVIEW約定スピード比較

自社公表約定スピード

  • 約定スピード:
口座の種類xLeverage口座(MT4)/STPILC口座(MT4)/ECNcTrader口座/ECNCurrenex口座/STP
最大レバレッジ400倍100倍400倍400倍
約定力
約定スピード/秒
約定スピード(最高)/秒
約定スピード(最低)/秒
執行率/%

当サイト測定約定スピード

  • 米ドル/円平均約定スピード:
海外FX口座取引手数料スプレッド/約定スピード米ドル/円ユーロ/円米ドル/ユーロポンド/円豪ドル/円カナダドル/円豪ドル/米ドル
約定スピード/最小値の平均-約定スピード/最小値0.2350.2350.2360.2350.2360.2350.234
約定スピード/平均値の平均-約定スピード/平均値0.6470.6380.6430.6390.6490.6540.630

TRADEVIEWの評判

TRADEVIEWの良い評判

TRADEVIEWの良い評判まとめ

  • トレードコストが安い
  • スプレッドが狭い
  • cTraderが使える
  • EAの自動売買でも稼ぎやすい
  • クリーンな海外FX業者

TRADEVIEWの悪い評判

TRADEVIEWの悪い評判まとめ

  • 口座を放置すると口座が凍結される
  • 口座を放置すると口座維持手数料が発生する
  • 口座開設の最低入金額が若干高めの設定
  • ログイン後の反応が悪い
  • ILC口座は。0.1ロット(1万通貨)での取引

メリット

1.17年以上の事業歴がある海外FX業者

TRADEVIEWは、2004年に設立された海外FX業者です。 現在では

  • 2万口座以上の取引口座
  • 100以上のホワイトラベル

という実績を持ち、営業をしています。

17年超の自業歴というのは、XMTrading等よりも長く、iFOREXに次ぐ事業歴の長さと言えます。 事業歴が長く、その間に出金トラブルがない、安心して利用できる海外FX業者と言えます。

2.ケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンス取得

TRADEVIEWを運営しているTradeviewLTDは、ケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンス(ライセンス番号:585163)で運営されている海外FX業者です。

ケイマン諸島は、カリブ海にある人気のリゾート地という性格を持つ反面、アメリカとの時差が少ないことから金融機関、会計士事務所、法律事務所などが多数在籍する国際金融センターとして知られています。1.5兆の銀行資産を持つ世界で5番目に大きな金融センターです。マネーロンダリングやコンプライアンス面でも、信頼性の高い国であり、ケイマン諸島通貨局(CIMA)の金融ライセンスも、信頼性の高い金融ライセンスの一つと言えます。

3.ILC口座なら手数料2.5ドルで0pips~の安いトレードコストを実現

TRADEVIEWの口座には、大きく分けると「xLeverage口座」「ILC口座」があります。

  • xLeverage口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料:無料):2.00pips
  • ILC口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料:片道2.5ドル):1.10pips

スプレッドは、0.0pips~平均1.1pipsで、取引手数料:片道2.5ドル(約0.5pips)というコスト負担でトレード可能になります。

取引手数料を含めた出来上がりのトレードコストを見ても、ILC口座は、安いトレードコストでトレードをすることが可能です。

4.50以上のリクイディティプロバイダーと提携し、高速約定を実現

TRADEVIEWは、50以上の一流のリクイディティプロバイダー(世界各国の金融機関)と提携し、価格を提示してもらっています。

リクイディティプロバイダーの数が多ければ多いほど、最良の価格で約定するため、トレードコストが安くなり、かつ迅速に約定する可能性が高くなるため、約定力が高くなるのです。

5.MT4・MT5・cTrader・Currenexが利用できる

TRADEVIEWで利用できるトレードプラットフォームは

  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)
  • cTrader(シートレーダー)
  • Currenex(カリネックス)

の4種類が利用できます。

4種類のトレードプラットフォームを用意している海外FX業者は、希少で、とくにcTraderやCurrenexで高度なトレードをしたい投資家におすすめです。

6.bitwalletをはじめ、様々な入金・出金が可能

TRADEVIEWで利用できる入金出金方法には

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード
  • bitwallet
  • STICPAY
  • bitpay(仮想通貨)

などがあり、

海外FXでの入金・出金方法としては、かなり選択肢の多い海外FX業者となっています。

7.仮想通貨トレードが可能

TRADEVIEWでは、CFD商品の中に「仮想通貨」があるため、仮想通貨FXが可能になっています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン

でのトレードが可能です。

デメリット

1.最大レバレッジがILC口座で100倍と低めの設定

TRADEVIEWの最大レバレッジは

xLeverage口座 最大400倍
ILC口座 最大100倍

  • と低めの設定です。

ハイレバレッジトレードができるレバレッジ:無制限のExness、最大レバレッジ:3,000倍のFBS、最大レバレッジ:1,000倍のGEMFOREX、最大レバレッジ888倍のXMTradingと比較すると物足りないレバレッジ設定となっています。

2.日本語対応が手薄

TRADEVIEWは、1ページの日本語ページが用意されているだけで、詳細の情報は英語のままのページが多く、日本語だけでの情報収集はかなり難しい海外FX業者です。

日本人担当者も在籍していますが、数名と人数が少なく、日本語対応のレベルも高くはありません。

日本語対応・日本語での情報開示が完璧なXMTradingAXIORYTitanFXなどと比較すると、日本語対応に不満を感じる可能性はあります。この点も踏まえて、中級者・上級者向けの海外FX業者と言えます。

3.管理画面などが使いにくい

TRADEVIEWは、管理画面などは非常にシンプルです。

  • 口座サマリー
  • 口座履歴
  • 入出金
  • 資金移動
  • 追加口座
  • 設定

ぐらいしかなく、日本語にはなっているものの、英語のままの部分も多いため、シンプルですが、海外FXの初心者にはとっつきにくい管理画面となっています。

4.最低入金額が若干高めの設定

TRADEVIEWの最低入金額は

  • xLeverage口座 100ドル(約1万円)
  • ILC口座 1,000ドル(約10万円)

とやや高めの設定です。

とくにトレードコストが安いILC口座を利用する場合には、少なくとも、10万円の自己資金が必要ということになります。

5.ボーナスがない

TRADEVIEWは、ボーナスを積極的に展開していない海外FX業者です。

ボーナスはないため、口座開設や入金などで、ボーナスを受け取ること、自己資金を増やしてトレードすることはできません。

TRADEVIEW口座開設の手順

手順1.TRADEVIEWのウェブサイトへ行く

TRADEVIEWのウェブサイトはこちら

手順2.「新規口座開設」ボタンをクリックする

トップページにある「新規口座開設」ボタンをクリックします。

手順3.必要事項を入力する

口座開設に必要な事項を入力します。

  • 登録情報
  • 米国市民権に関する情報
  • 米国籍以外の場合の身分証明書番号
  • 職業に関する情報
  • 総資産
  • 収入源に関する情報
  • 投資の経験
  • その他の情報
  • 必要書類のアップロード

署名して、「送信ボタン」をクリックします。

手順4.口座開設完了

口座開設完了のメールが届きます。

このメールには

  • ログインID
  • MT4ID
  • パスワード
  • 投資家パスワード
  • サーバー

などが記載されています。

手順5.口座へ入金する

開設した口座へ入金します。

手順6.トレードプラットフォームをダウンロードする

利用したいトレードプラットフォームをダウンロードします。

手順7.トレードプラットフォームにログインしてトレード開始

トレードプラットフォームに、メールで届いた「ID」「パスワード」「取引サーバー」を入力・選択すれば、トレードが可能になります。

TRADEVIEWのよくある質問

TRADEVIEWの評判は良いですか?悪いですか?
TRADEVIEWの評判は良い評判と、悪い評判ではっきり分かれています。
・良い評判:スプレッドが狭い、cTraderが使える
・悪い評判:口座を放置すると口座が凍結される、口座維持手数料も取られる
TRADEVIEWのスプレッドは狭いですか?広いですか?
スプレッドは狭い海外FX業者です。
・xLeverage口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料:無料):2.00pips
・ILC口座 米ドル/円平均スプレッド(手数料:片道2.5ドル):1.10pips
ですから、海外FX業者の平均1.9pipsと比較するとかなり狭いスプレッドでトレードが可能です。
TRADEVIEWのおすすめの入金方法・出金方法を教えてください。
TRADEVIEWでは
・クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB)
・bitwallet
での入金・出金がおすすめです。
TRADEVIEWのおすすめの口座を教えてください。
ILC口座がおすすめです。
最低入金額が1,000ドルと高く、最大レバレッジも100倍に抑えられているものの、取引手数料片道2.5ドルで、0pips~の狭いスプレッドでトレードが可能な口座です。
TRADEVIEWにボーナスはありますか?おすめのボーナスは?
ボーナスはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です